アメショのきなこ&むさしとの暮らしを綴った のほほん猫日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月01日 (火) | 編集 |
春らんまんです。
庭のしゃくなげが大きなピンクの花を咲かせています。

061_convert_20120429161003.jpg



つつじも咲き始めましたよ~。

064_convert_20120429161042.jpg



プランターのパンジーもわっさわっさ伸び放題に伸びています。
そこにアゲハ蝶もヒラヒラやってきました。

065_convert_20120429161127.jpg



そして我が家のむさし坊ちゃんは、ひがな一日ぐうたらしちょります。

013_convert_20120429163336.jpg
ぶふぅ…

お得意の腹出しポーズもなんだか窮屈そうですな(ーー;)




さてさてゴールデンウィークが始まりました。
アタシはどこに行くでもなく、DVDをレンタルしてきて猫とまったり過ごしております。


今日観たのは「食堂かたつむり」
恋人に騙されショックから声を失った娘が、
自由奔放な母の暮らす田舎にもどり「食堂かたつむり」をオープン。
娘が作るおいしい料理は町の人たちを元気にし、幸せに導いていくというストーリーです。



主演は柴咲コウ。他にも余貴美子、満島ひかり、志田未来、江波京子と、
ひとくせある女優さんが勢ぞろいですが、
特に余貴美子と江波京子の怪演が光っちょります。

美しくて怪しい魅力満載の彼女たちを見てると、
女は50すぎからだわ~(*´Д`)=зと思いました。


お食事シーンも満載。
食べる音まで繊細に描かれていて、見てるとキュルキュルお腹がすいてくる映画です。
そして命と食の連鎖についても、あらためて考えさせられました。
「食べることは命を頂くことなんだなぁ」…って。


ぶっちゃけ、ストーリー展開は突拍子なく、突っ込みどころも満載なんですが、
人との繋がり、母と娘の繋がりに、優しい暖かい気持ちにさせられます。
そして最後はホロリと泣いちゃいますた。(゚ーÅ)・°・


ふんわりほんわり、大人のファンタジーとして、
女性と食いしん坊さんにお勧め映画です。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ただの通りすがり
ふと、元気にしてるかな?なんて思って訪ねてみました。一期一会想像し得るファンでもなくまさに異邦人ですが、マイペースみたいで安心しました。ワタクシは、残念…ワンコ派です。
2012/05/04(金) 10:04:51 | URL | しらマロ #sHu8RWX.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/05(土) 09:49:17 | | #[ 編集]
ワンコ派の通りすがりさんへ
コメントありがとうございます。
返信がかなーり遅くなりすいません。

これからもマイペースばりばりで更新していきますね。
ワンコもかわいいですよね。
2012/05/12(土) 16:45:33 | URL | じゅなちん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。