アメショのきなこ&むさしとの暮らしを綴った のほほん猫日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月01日 (金) | 編集 |
032_convert_20120420164127.jpg
どもどもご無沙汰でしたにゃー。

「ジュナさん最近更新してないけど大丈夫なの?」
と巷で囁かれているそうで…(;´▽`A`。

遊びまわったり、通院したり、旅行の計画などで忙しく、
ブログの事をすっかり放置状態にしてしまいました。
ご心配おかけしてゴメンナサイ。
(そこー!またかよーって後ろ指ささないでー!)

ブログを訪問してくださる皆様方、フィツトネスクラブの奥様方、ステッパーの旦那はん方、
とりあえずアタシは元気にしてますよ~ヘ(゚∀゚*)ノ


☆*゚ ゜゚*☆*゚ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚*☆*

そんなこんなで中断していた2月の沖縄旅行記を再開します。

172_convert_20120521143050.jpg
沖縄2日めの午後は、石垣島のむこうに見える竹富島へとショートトリップしました。



179_convert_20120228133425_20120420163429.jpg
竹富島は石垣島から高速船で約10分。
山がない平坦な島で周囲は約8キロ。
赤い瓦と石垣の塀で統一された町並みが美しい、人口約350人ののどかな島です。


208_convert_20120420163927.jpg
まずは竹富島名物も牛車観光を楽しみましたよ。
1200円で約30分ほど集落を歩いてくれます。
三線の演奏もついてきます。



218_convert_20120521125754.jpg
こちらは売れっ子水牛のワカちゃん。
牛は何頭か控えていて、連続でお仕事をしないように配慮しているそうです。
重い車を引いて歩くのは、きっと重労働なのでしょうね。(。・ε・。)

でね、この子が観光途中にう●ちょするんですよ。
それをバケツで運転手が受け止めるという決定的な場面にも出くわして大爆笑でした。
(その決定的な場面写真もあるのですが、自主規制させていただきます)


201_convert_20120521143645.jpg
三線の音を聞きながら、白砂が敷き詰められた道をのっそのっそ…
木でできた電柱がまた味があるんすよ。*:・( ̄∀ ̄)・:*:



210_convert_20120228130606_20120420163025.jpg
竹富島の家々はサンゴの石垣で覆われて、
独特のノスタルジックな雰囲気をかもしだしています。


176_convert_20120521134034.jpg 189_convert_20120521134218.jpg
202_convert_20120521135801.jpg 178_convert_20120521143201.jpg
どの家々にも花が咲き乱れ、家の守り神のシーサーが置かれていました。
途中赤いポストを見かけ懐かしくなりパチリ!
アタシが小さいころは、東京でもこのポストをよく見かけたのに今はないなぁ…。
(↑歳がばれるぜ)


213_convert_20120228130100_20120420163003.jpg
竹富島を見渡す展望台からの眺めです。
赤い瓦が特徴の町並みが、郷愁を誘います。


226_convert_20120521141007.jpg
水牛に乗ったあとは、レンタル自転車を借りて島を半周しました。
途中に黒猫ちゃんに遭遇。
竹富島では野良猫ちゃんをよくみかけましたが、どうやらお墓のお供えもので生計を立ててる様子でした。


224_convert_20120521140258_20120521141128.jpg
とてもとてもゆったりした時間が流れていました。
また行きたいなぁ…Oo。。( ̄¬ ̄*)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/07(木) 16:39:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。