アメショのきなこ&むさしとの暮らしを綴った のほほん猫日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月25日 (木) | 編集 |

カプリ島で一番高いソラーロ山までは、
リフトに乗って片道13分間の空中遊泳を楽しめます。
両足をブラブラさせて開放感バツグン。

093_convert_20120805183649.jpg
ひゃっほう!



IMG_3862_convert_20120817163241_20120817164757.jpg
日差しを遮るものがなくて、腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。(・_・、)
イタリアは、日焼け止めも効かないくらいの太陽光線です。

IMG_3867_convert_20120817162544_20120817164747.jpg
頂上のアウグスト公園からは、
美しい透明感のある海と、白い船がみおろせてうっとりですー♪(^-^*)


IMG_3877_convert_20120817162925_20120817164808.jpg
きれいだなぁ



084_convert_20120805183810.jpg
目もくらむような断崖絶壁ですが、
2時間ドラマのような暗いイメージまるでなし。
船越英一郎も用無しの崖っぷちでございました。
(笑)




スポンサーサイト
2012年10月04日 (木) | 編集 |

旅の二日目はカプリ島まで足を伸ばして、
ショートトリップを楽しんできました。

032_convert_20120805183041.jpg

ガイドのレジーナさんの案内で、ナポリ湾から高速船で約40分。
カプリ島のマリーナグランデに到着です。

そこからさらにモーターボートに乗って、
今回のメインイベント「青の洞窟」へと向かいます。



042_convert_20120805183144.jpg

洞窟の前では、手漕ぎボートの船頭さん達が待機中。
この中に数名イケメンイタリアンがいて、目の保養をさせてもらいました(*^_^*)


青の洞窟は入り口が狭いので、
天気が悪かったり、満潮や波のある日は入ることができません。
冬場だと、確率は50%。
かなりの賭けになります。
ですがこの日は波も穏やかで全てがスムーズ。



ところで右下に写っているカモがわかりますか?
名前をマリオといって、このあたりのマスコット的存在です。



IMG_3776_convert_20120817162009.jpg

モーターボートから手漕ぎボートに乗り換えていざ洞窟探検へ。
身をかがめ仰向けの体制なり、
船頭さんがチェーンをたぐりよせながら入っていくと・・・



047_convert_20120805183319.jpg

神秘的なブルーが眼下にとびこんできました。
なんという青青青!!!
この美しい色を求めて、世界中の旅人はこの洞窟を目指すのです。


ところで洞窟の中はシーンと静まり返っているイメージだったのですが、
船頭さん達がカンツォーネを披露してくれ、結構騒々しいです。
またそれがイタリアっぽくていいのだ。
(*^^)v



2012年10月03日 (水) | 編集 |

ボンジョルノー!
久しぶりに海外へと脱出です!


アリタリア航空の直行便でイタリアに入り、ローマ空港でトランジット。
深夜にナポリに到しました。

029_convert_20120805182805.jpg

ホテルのテラスからは、ナポリ湾の朝焼けが望めます。

海沿いの一画は、歩行者天国になっていて、
一日中ジョギングやお散歩をする人々が行き交いの~んびりムード。
車のエンジンの音が全く聞こえないのが嬉しいです。



030_convert_20120805182907.jpg

卵城が見えるホテルに3連泊します。
朝焼けが美しいのぉーー!

今回の旅はシニアの母との個人旅行で、
連泊をしながら無理をしない日程を組んでいます。

実はアタシ弾丸ツアーは苦手でして・・・
あの時間に追われる慌ただしい移動が苦手なんすよね。(´д`)












2012年08月22日 (水) | 編集 |

さて本日は食べログ風でお送りします。

先日、伊東旅行の帰りに、
シャレオツ―なイタリアンレストランでランチをしました。

014_convert_20120822004135.jpg

海風漂う伊豆高原・川奈にある、
リストランテ・ラ・ヴィータ・エ・ベッラです。

石の煉瓦づくりの建物に、
緑の蔦が生い茂っていてステキ-。
(〃∇〃)


012_convert_20120822004247.jpg

チャペルもあるので、
レストランウエディングで使われることが多いようです。

この日も激暑いなか、
一組の結婚式が執り行われていたようでした。


021_convert_20120822004710.jpg

解放感のあるテラス。
遠くに伊東の海原が広がります。


023_convert_20120822004343.jpg

内装はイタリアンゴシックな雰囲気。
ウエィティングーバーもあります。

ソムリエさんがいるのでカクテルやワインの種類は豊富でした.



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


さてお料理です。
ランチは¥2200~4500まで。
前菜、メイン、デザートを選べるプリフィクスになっています。

たまの外食ですから、
一番高いのをがっつりといただきまーす。
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


024_convert_20120822004842.jpg 026_convert_20120822004927.jpg

アミューズのアーティーチョークのマリネと
前菜の夏野菜のテリーヌ


アーティーチョークのマリネがさっぱり程よい酸味でうま。
日本ではあまり登場しない食材ですね。



029_convert_20120822005114.jpg 028_convert_20120822005033.jpg

愛知県産アサリのズッパと、魚介類のバヴェッティーネ

このあさりのスープが激うまー。
シンプルでやさしいお味ながらも、うまみがギューーと濃縮しています。

バヴェッティーネとは丸い麺ではなくて、ちょっとつぶれた平打ち麺のこと。
パスタは手打ちなのかな?
イタリアで食べたようなコシの強さがありました。


030_convert_20120822005234.jpg

本日のおさかな料理

地元伊東の海で採れたイサキです。
ふんわりしっとりしていて、なかなかのお味。
底に敷いてあるジャガイモのピューレと一緒に食べます。

どうやら巨大なズッキーニのグリルがアクセントのようです。
アタシズッキーニ結構好きです。


032_convert_20120822005330.jpg

アワビのステーキハーブバタ― 赤ワインソース

こちらも地元で採れたアワビを使っています。
プラス1200円で。

普段食べなれない高級食材を前にたじろぐアタシ…。
見た目はグロテスクです。
(。・ε・。)

実際食べてみての感想は、
添えてあるマッシュルームの方が気に入ったりして…。
罰当たりめ。


033_convert_20120822005922.jpg

ドルチェのトルテ・アル・リモーネ

お皿の余白が多いけど、見た目よりずっと美味しゅうございました。
::Oo。。( ̄¬ ̄*)

しっとりもっちりしたレモン味のタルトに
ほろ苦酸っぱいレモンのピューレと、ふんわり生クリームが絶妙。
すごく大人の雰囲気のデザートでした。
これにハーブティーをチョイスしたのは正解!

もうお腹いっぱいでデザートはスキップしたかったけど、
結局全部食べちった
デザートは別腹ってホントだったのね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


NHKドラマ初恋の第5話で、
緑と三島がデートしていたのが実はこのレストランだという情報が!

どうりで初めてみた風景じゃない気がしたんですよね。
あのテラス!

ちなみに
リストランテ・ラ・ヴィータ・エ・ベッラ
(Ristorante La Vita e Bella)

これを訳すと、人生は素晴らしい命は美しい
という意味だそうです
ステキ!



リストランテ ラ・ヴィータ・エ・ベッラ
静岡県伊東市川奈1439‐1
0557‐44‐4555

http://lavita-ebella.com/kawana/index.html


2012年08月19日 (日) | 編集 |

安眠をむさぼる猫一匹

001_convert_20120819212910_20120819213619.jpg
ぐーぐー



004_convert_20120819213316.jpg
ぶひひ

いい夢みてね、むさしくん
(●´ω`●)



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

えーごぶさたしております。
すっかりぶろぐ放置プレーでしたが、
海外で遊んできたりして元気にやっております。

また時々思い出したように更新すると思いますが
どうぞよろしくです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。